個人売買のメリット・デメリット


個人売買

車は中古車買取業者を通さず、個人間で売買をすることができます。この個人売買では、業者を通さないことによるメリット、そしてデメリットがあります。個人売買をする場合、メリットとデメリットを知っておかなければなりません

車の個人売買の方法からメリット・デメリットまで、意識しておくべきポイントをご紹介いたします。

車の個人売買の方法

売買契約を成立させる

個人売買の相手は、知人などからネットオークションでのやりとりなど、知らない人との間でも行うことがあります。

そのため、最初に行うべきなのが、売買契約を成立させることです。

法律的は、売り手と買い手が相互に売却と購入の意思を示せば契約成立になります。ですが、証拠となるものを残せるようにした方が良いでしょう。

そのため、個人間であったとしても契約書を作成しておくことが重要になります。

売買契約が成立すれば、現物と代金の受け渡しを行います。代金の支払いトラブルを避けるため、個人間ではその日に行うようにしましょう。

車の名義変更を行う

車の個人売買は、普通の中古商品を売買するのとは違い、公的な手続きが必要です。その手続きであるのが、車の名義変更になります。車には所有者や使用者といった名義が登録されており、必要に応じてそれらを変更するのです。

名義変更は、陸運局に必要書類を提出して行います。車を購入する側の人は、印鑑証明書・印鑑・車庫証明を用意します。

車を売る側の人は、車検証・自賠責保険証・納税証明書・リサイクル券・印鑑証明書などを用意しましょう。必要に応じて、他の書類も必要になることがあります。

個人売買の際は、主に売る側の人が陸運局で大まかな名義変更の手続きをします。買い手の方に手続きを依頼する場合は、委任状も用意しておきましょう。

注意!個人売買にはこんなデメリットがある!

名義変更をされないトラブル

個人売買を行う場合、よくトラブルになるになるのが、名義変更を行われないということです。車そのものを売却したものの、名義変更手続きを買い手の側が行っていない場合、使用者や所有者は売り手の方になったままです。

このような状態になると、自動車税などの支払い義務が、売った側の人に生じてしまいます。そのため、売り手の側は不要な税金の支払いなど、コストがかかることになるのです。

買い手の側が名義変更を行う必要があることを知らなかったということもあれば、悪意を持って、あえて名義変更をしないということもあります。

ですので、名義変更は確実に行ってもらうように対策を取っておきましょう。

詳しくはこちらの記事へ→やってはいけない!車の売却の注意点その1:ディーラー編

品質の悪い車を購入させられる

個人売買で、買い手側が被害を被るトラブルとしては、品質の悪い車を購入させられることが挙げられます。

一般的な中古車販売業者であれば、一定の査定を行っていますので、品質が悪かったとしてもそれに見合った金額で販売されています。

ですが、個人売買の場合は、専門的知識がない限り正確な査定をすることが難しいです。そのため、品質の悪い車を高い値段で買わされたり、事故車や整備不良車を購入させられることもあります。

信頼性のある方との個人売買は、このようなトラブルは少ないです。しかし、ネットオークションなどで、知らない人から個人売買をするのであれば、こういったトラブルを防ぐようにしておいてください。

個人売買のメリット・デメリットのまとめ

個人売買のメリット・デメリット

個人売買における、メリットとデメリットをまとめてみましょう。

まず、メリットの面で言えば、車を売り手は高く、そして買い手は安く買えることが挙げられます。これは個人間でのやりとりなので、業者のように手数料や人件費がかからないことが理由です。

ではもう一方のデメリットとしては、契約でのトラブルや、名義変更が行われなかったり自分の思っていたような車ではないものを買わされるなどがあります。

これらメリットとデメリットを理解した上で、適切にデメリットを回避し、メリットだけを得られるように意識することが大切になってきます。

トラブルを防ぐためには

個人売買で起こるトラブルを防ぐためには、よくあるトラブルの対処法を知っておきましょう。名義変更のトラブルを避けるならば、名義変更が終わるまでの保証金を預かるなどの方法があります。

また、事故車を買わされるなどのトラブルを防ぐ方法としては、日本自動車査定協会に調査や査定を依頼すれば、事故歴や修理痕などを調査してくれます。
トラブルとして考えられるものには、対応できる方策があります。個人売買をする場合は、この対処法を用意しておいてください。

まとめ

今回ご紹介したように、車の個人売買は、メリットもあれば、デメリットもあります。
トラブルを避けることに注意をしながら、個人売買を行ってください。